苦しくない胃カメラ

気軽に受けられる胃カメラ

胃カメラに関するおすすめ情報を紹介します

どうして苦しいと言われてしまうのか

胃カメラは胃の中を詳細に調べることができるので、非常に高い効果が期待できる検査方法と言えます。しかし実際には苦しかったという人も多く、あまり行いたくない検査だと感じている人も決してすくなくありません。どうして苦しいと言われてしまうかというと、実は喉の構造が大きく関係しているということをご存知でしょうか。人間の喉の奥は、人によっては狭く、さらに曲がり方が強いという人も実は存在しています。また、検査に対して不安を感じている都喉に力が入り、結果的に食堂の入り口が強くしまってしまうということもあり得ます。その場合、どうしてもスムーズに胃カメラを挿入できなくなってしまい、カメラが壁面にあたってしまうため、えづきが出やすくなってしまいます。また唾液も増えるので、結果的に胃カメラ自体を苦しく辛い検査だと思うようになってしまうというのが理由の一つです。

胃カメラというと、どうしても苦しい、辛いというイメージを持たれがちですが、実はあまり苦しくない人もいます。例えば、その人の喉やその奥が広がっている構造の場合、カメラが壁面に当たる事なく挿入できるので苦しさをあまり感じません。また麻酔を利用する方法もあり、この場合はその人に合わせた麻酔を投与して、快適に検査を受けることができるようになります。この方法であれば、以前の胃カメラが苦しかったという人でも苦痛を少なくして検査を受けることができます。

苦しくない検査を行う上でのメリット

胃カメラ自体は苦しいものと思われがちですが、麻酔を使ったり経鼻で行なったりすることによってその不快感を軽減、解消することは可能です。もちろん従来の方法で検査を受けることもできますが、苦しくない検査を行うのには色々とメリットが存在しています。一つはしっかりと細かなところまで検査をすることができるようになるので、異変を見逃しにくいということです。従来の方法だとどうしても患者自身が苦しんでいるので、なるべく早く検査を終了したいという傾向が見られます。しかし患者自身が落ち着いた状態になっていれば、しっかりと胃の中をチェックすることもできるようになります。つまり、急いで検査を終了する必要がないので、病変、異変の見落としを最小限に抑えることも可能です。また患者自身も不安を出来るだけ感じることなく検査を受けることができるので、余計な力を入れずに落ち着いて検査を受けることができます。したがって、苦しくないこの検査に関しては、病院側だけでなく患者側にとってもメリットがあるということができます。

人気記事ランキング