胃カメラ検査のメリット

苦痛が少なくなっている胃カメラ

年に一度は受けたい胃カメラ検査

病気の早期発見に繋がる検査とは

日本人の死因ワースト一位はがんですが、昔に比べると死亡率は格段に下がって来ています。国民一人一人の意識の高まりはもちろんですが、検査の苦痛が少なくなっていることが大きな要因だと言えます。例えば胃カメラ検査ですが、以前の胃カメラは管が太く、飲み込む際に強烈な反射が起きていました。吐き気や痛みを感じるケースが多々あり、それが嫌で検査を避けていた方も多いと言われていました。しかし、近年の検査は随分と楽になっています。その理由は、管の細さと経鼻内視鏡の普及だと言われています。管が細くなっていることで、従来の口からのみでなく鼻からの挿入が可能になりました。反射が起きる可能性が少なくなり、医師と会話をしながら検査を受けることが出来ます。異変があれば早めに気付くことが出来ますし、双方にとってメリットが大きいのではないでしょうか。

鎮静剤を使って楽に検査を受けることが出来る

更にありがたいのが、適度な鎮静剤の使用ではないでしょうか。ウトウトしている間に検査を受けることが出来ますし、安全性も高いと言われています。高齢者の検査で使われることが増えていますし、事前に希望を伝えるとスムーズに検査を終えることが出来ます。日本人に多いと言われている胃がんですが、原因の一つにピロリ菌の有無があると言われています。胃カメラ検査で組織を採ることで、ピロリでもの有無が分かります。ピロリ菌があることが分かっても投薬で除去することが出来ますし、胃がんのリスクを限りなくゼロに近付けることが出来ます。検査自体は30~40分で終わりますし、40歳を超えると一~二年に一度は受けておくべきです。胃炎や潰瘍の症状も軽減されますし、ライフスタイルの改善にも大きな効果を発揮するはずです。肉や魚が大好きで野菜の摂取量が少ない方は、病気のリスクを十分に頭に入れておくべきです。

医療費が抑制でき心身のダメージを抑えられる

また、仮にがんが発見されても、初期であれば内視鏡で取り除くことが出来ます。開腹手術に比べると負担も少ないですし、医療費を抑えることが出来ます。社会復帰も早まりますし、なるべく通常の生活を送りつつ病気と闘うことが出来ます。バリウム検査も胃がんの早期発見には有効ですが、更に精密な検査が出来るのが内視鏡ではないでしょうか。医療機関はカンファレンスにも力を入れていますし、気になる点があれば検査の前に伝えておくと良いでしょう。日本人の平均寿命は世界一ですが、それを下支えしているのが胃内視鏡の進化ではないでしょうか。

人気記事ランキング